沿革

  • 1944年(昭和19年)9月
  • 軍需省の要請により、主に中国5県下の電気工事12社が統合し、資本金150万円の電気工事会社として広島市小町33番地に中国電気工事株式会社を設立
    (広島・岡山・山口・松江・大阪の5市に、支社を設置、営業開始)

  • 1946年(昭和21年)12月
  • 本社を広島市立町53番地に移転

  • 1949年(昭和24年)6月
  • 広島証券取引所市場に上場(資本金1千万円)

  • 1950年(昭和25年)1月
  • 東京事務所(現 東京本部)を開設

  • 1951年(昭和26年)4月
  • 建設部(現 電力建設所)を開設し、送電線・発変電所工事部門を充実

  • 1956年(昭和31年)11月
  • ビニール外装ケーブル工法の開発に成功

  • 1960年(昭和35年)4月
  • 技能者養成所(現 研修所)を開設

  • 1968年(昭和43年)10月
  • 大阪証券取引所市場第二部に上場(資本金6億6千万円)

  • 1970年(昭和45年)11月
  • 東京証券取引所市場第二部に上場(資本金7億8千万円)

  • 1971年(昭和46年)2月
  • 本店を広島市上天満町1番15号に移転

  • 1972年(昭和47年)2月
  • 東京証券取引所市場第一部・大阪証券取引所市場第一部に指定替え(資本金12億円)

  • 1980年(昭和55年)4月
  • 社是「眞心」制定

  • 1990年(平成2年)6月
  • マラソン部(現 陸上競技部)を創設

  • 1990年(平成2年)10月
  • 商号を株式会社中電工に変更

  • 1994年(平成6年)10月
  • 創立50周年

  • 1996年(平成8年)3月
  • 本店を広島市中区小網町6番12号(現在地)に移転

  • 2000年(平成12年)3月
  • ISO9001取得

  • 2001年(平成13年)4月
  • 企業理念を制定

  • 2002年(平成14年)4月
  • 株式会社中電工テクノ広島(2014年(平成26年)4月、株式会社中電工テクノに商号変更)、株式会社中電工サービス広島(2011年(平成23年)10月、吸収合併により消滅)、株式会社イーペック広島を設立

  • 2002年(平成14年)7月
  • ISO14001取得

  • 2003年(平成15年)4月
  • 株式会社岡山エレテック、株式会社山口エレテック(2011年(平成23年)10月、吸収合併により消滅)を設立

  • 2003年(平成15年)11月
  • 大阪証券取引所 上場廃止

  • 2004年(平成16年)4月
  • 社章・社旗を変更

  • 2005年(平成17年)10月
  • 株式会社島根エレテックを設立

  • 2005年(平成17年)12月
  • 株式会社鳥取エレテックを設立

  • 2010年(平成22年)12月
  • マレーシアにCHUDENKO(Malaysia)Sdn.Bhd.を設立

  • 2014年(平成26年)10月
  • 創立70周年
    記念ロゴマークを制作

  • 2015年(平成27年)5月
  • 安全実習棟が完成

  • 2015年(平成27年)11月
  • 株式会社中電工ワールドファームを設立

  • 2016年(平成28年)8月
  • 杉山管工設備株式会社を子会社化

  • 2016年(平成28年)9月
  • 早水電機工業株式会社を子会社化

1944年(昭和19年)9月
開業式

1968年(昭和43年)10月
大阪証券取引所に上場

1971年(昭和46年)2月
本店を広島市西区天満町に移転

1980年(昭和55年)4月
社是「眞心」制定

1996年(平成8年)3月
本店を広島市中区小網町に移転

2015年(平成27年)5月
安全実習棟が完成